ブログ

整理 命です

ハレの日の衣装を断捨離したときのお話です。私にとって子育てにおいて最も苦痛だと思われる時間は「寝かしつけ」なのです。じっとしていないといけないのが大変ですね。スマホをやってしまうと明かりが漏れてしまうのでこれに反応して寝てくれない。そのまま一緒に眠りにつければいいのですが、食器洗いやら洗濯やらやらなければならない家事が残っておりますので、一緒に眠ることはできないのです。旦那は横になるとすぐ寝てしまえるのですが、私はそれができないのです。数十分間かをじっと横たえていなければならない、コレ、ホント、毎日辛いのです。そんな時間どうやり過ごすかな、なんとか有効に使えないかな、と試行錯誤するようになり、いつのときからか、私は子供が眠るのを待ちながら「次、何が捨てれるかねー」とあれこれ考えるようになったのです。

 

考える時間ができたというはとてもよかったと思っています。毎日確実に訪れる数十分間で、捨てるものをじっくり掘り下げることができるからなのです。それから断捨離の効率が上がりました。まず、頭に浮かんだのが古くなった犬のグルコサミンのビンです。こちら。このサプリを買ったものの、愛犬がすぐ亡くなってしまったので、ずっと使っていませんでした。その夜も「あれ捨てれるんじゃね?」などとあれこれと考えあぐねていたところ、ふと実家のクローゼットに残されたワンピースの事を思い出したのです。結婚式出席用に買った黒のドレスです。十年以上前、購入したドレスです。少し奮発してフォーマルドレスを買ったのです。
なんとなく、そういう時のってカラーは黒色じゃないのかなって。そう思って買ったドレス。普段は全く着れないようなものです。もしもの結婚式の時に慌てなくて済む。高かったし、そう思って保管してあったのです、家ではなく実家にですが。

 

カナダは他民族国家なので、新郎新婦や参加者の人種によっても、服装の傾向がガラがらッと変わってきます。今回、私が参加した結婚式では、インド人の参列者が多いため、インドドレスや、中国で縁起が良いといわれる緑色の服装をよく見かけました。インド人の結婚式だったらサリーをよく見るし、日本人の結婚式だったら着物を着ていく人もいます。カナダの結婚式は日本よりもドレスコードが曖昧なため、服装選びが少し大変なのですね。失敗すると後悔します。しかし、日本では想像もできないような服の人に出会える事があるので、個人的には招待されるたびに、ドキドキしてしまいます。